CoCology -Leo's Daily Thoughts-

The blog of Leo.
I will record my thought.
What you see is not necessary the truth.
Find your own truth with your heart.
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< First Spring | main | A Heartful Day >>

LETTERS FROM IWO JIMA

太平洋戦争終盤、硫黄島を舞台に繰り広げられた壮絶な戦いを日米双方の視点から描いた二部作の2作目、「硫黄島からの手紙」(邦題)を観て来た。

iwo jima本二部作はかのクリント・イーストウッドが監督をつとめたコトもあり、日本でもアメリカでも話題になったが、舞台が日本であるだけに日本での話題は大きかったので、先に公開された「父親たちの星条旗」(邦題)も観たかったんだけど、タイミングが合わず、ちょうどこちらではもうDVDで出ているので近々レンタルしようと思い、公開がもうすぐ終わりそうな「硫黄島〜」を先に劇場に観に行った。

まず最初に何が僕を複雑な気持ちにさせたかというと、内容以前に、“日米両国籍者の僕が、アメリカ人が撮影した日本語主体の日本視点の話をアメリカで観ようとしている”という状況だった。劇場は空いていて、10人ほどの観客だったんだけど、それがまた戦争を知っている世代な人たちばかりだったのも不思議な気持ちにさせた。

硫黄島の戦いに関しては高校や歴史本、いくつかのドラマなどで大筋は知っているものの、アメリカ人がそれをどう描くのかというのはすごく興味あったが、その答え以上に気になったコトがあった。

それは、場内から漏れる失笑だ。確かに、血まみれの戦いだけを描いた史実を伝えるだけの映画では無かった。それなりの人間性を描くためにユーモアというか、「ふふ」ってなる場面はいくつかあった。だけど、僕には日本兵の状況を笑った様に感じられた。
iwo jima2これが戦勝国と、敗戦国の差か。僕も1年半アメリカの高校に通い、こちら側の教科書で太平洋戦争を習ったコトがあるが、確かに敗戦の一途をたどる日本軍の状況を伝えるものは一切無かった。日本ではむしろ“天皇万歳”に始まり戦下の国民の暮らしに関してはこれでもかという程聞かされているはずだし、親族にそれを伝えてもらった人もいるだろう。だから、その悲惨さは重々知っているから、例えば“雑草汁”しか配給されない兵士がいても、笑いはしない。

以前硫黄島に関するドラマを観た際にも書いたが、日本人だって、アメリカ人だって、“護りたい何か”のために命をかけていた。それは同じなのに、あぁして笑うアメリカ人をみて、あぁ、やっぱり僕はこの人たちをココロから好きになるコトは出来ないと思った。

ただ、きっと僕たち日本人だって他の民族や国の人を差別的に視たり、捉えたりするコトがあると思う。“国際人”“国際人”と叫ばれる今日この頃だけど、育ったバックグランドがアイデンティティーにもたらす影響は後から上塗りさせた言葉ではきっと塗り替えられない。また、“愛国心”に関しても多くが語られる今日でもあるけど、「愛国主義」と「自分のアイデンティティーに対する敬意」を履き違えてはいけない。

最後に、そんなわけで、映画としての評価は僕の視点では低かった。勿論、戦争とはこういうものなのだとか、太平洋戦争中の日本軍や日本国民の状況を伝えたという意味では評価してもいいと思うが、アメリカ人がこぞって高評価を与える背景には前述の様な意味合いがある様に思えた。つまり、「Interesting」(興味深い、色んな意味で)というコトなんじゃ無いかって。

ともあれ、どっちにしても、今、僕はこうしてアメリカの地でとてもよくしてくれるアメリカ人の友人に支えられながら自分の夢に向かって歩けているこのコトもまた事実。60年前、戦火に散っていった僕たちの先祖が“護ってくれた未来”に僕たちは立っているコトを絶対忘れてはいけない。

[追記]ちなみに、僕は個人的に渡辺謙より二宮君の方が主役なんじゃないかなって思った。渡辺謙、もう少しラストサムライの時と雰囲気を変えないとそういう役しか来ないんじゃないかなーって思った。

【過去の関連エントリー】
Movie | permalink | comments(10) | trackbacks(6)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

>ぷぅさん

コメントありがとうございます。ご紹介の本は原書は英語の本なんですかね?こちらで見つけられたら見てみようと思います。
Occidentalismものぞいてみました。非常に興味深い議論がなされていますが、いかんせん今、忙しいので、また時間のある時ゆっくりのぞきたいと思います。ご紹介ありがとうございました。
£εσ | 2007/03/08 1:57 PM
ヘレン・ミアーズの『アメリカの鏡:日本』という本を読んでみてください。GHQの一員として日本に滞在した人です。戦争の発端についても書かれています。いくらアメリカでも、当時の女性としてここまで客観的に考えることが出来るのはすごいなーと思いました。(失笑した人は特に見るべきですけど)
最近、特攻隊員の遺書などいろんな本になっていますが、残虐な日本兵というイメージからは程遠く、実物を見るとその達筆さにも驚きますが、知性と教養、真心に胸を打たれます。
イギリスの偉い人が『アメリカのやった占領政策は今後100年は影響を残すだろう』と言ったそうです。あと40年経ったときに本当に本来の日本に戻れてるでしょうか。
『オクシデンタリズム』というオーストラリア人男性のブログで、多国籍での議論がされていて、日本のことについても取り上げられています。
ときどきネット翻訳で読んでますが、半分くらいしか意味がわかりません。
http://www.occidentalism.org/
英語が出来たらなーと思います
ぷぅ | 2007/03/08 12:07 PM
>M・Dさん
コメントありがとうございます。
なるほど、そういう見方も出来ますね。
ただ、僕がアメリカ人(白人しか知らないですので=白人かもしれません)に抱く感情は人種的劣等感もある様に感じています。
劣等コンプレックス的感情で、“負けたく無い”と思うあまり、自己のアイデンティティの中に彼らより優れた部分を求め、それを否定される時の傷が彼らへの憎しみというか、反抗心を生む感じでしょうか?
でも、確かに、“負ける”ことでしか学べないことがあると思います。上目線の人にはわからない事は沢山ありますよね。
£εσ | 2007/02/20 7:11 PM
失笑の感情、敗戦まで日本人が中国人や朝鮮の人に持っていた感情と同じかなと想像しました。”心から好きになれない”と書いていらしたけど、中国や韓国の反日感情、そんなところにも根ざしているのかなとも思いました。  人間、失敗や敗北しないと気が付かないことがあるのですね。
M・D | 2007/02/20 6:03 PM
>ichi-kaさん

コメント、TBありがとうございます。
残念ながらこちらで観た際に泣いている方は確認出来なかったです。ただ、失笑が漏れて来たのも恐らく10人ほどいた観客の中で1・2名の中年男性だけでした。
こちらではほぼ全編字幕ですので、字幕に慣れていないアメリカ人には少し退屈だったかもしれませんし、正直、字幕は戸田奈津子さんより酷かったです。(はしょり過ぎ)
この映画を観たというアメリカ人の友人たちには個人的により深く説明して回っています。
£εσ | 2007/02/17 5:27 AM
はじめまして&TBありがとうございます。こちらからもTB返します。

「硫黄島からの手紙」の記事、大変興味深く読ませていただきました。
僕もこの映画を観て失笑する人を見たらきっと悲しく感じたと思います。アメリカの方にも、望んでもいないのに徴兵され、無理に戦うことを強いられ、そして死んでいった日本兵の気持ちを感じ取ってほしかったな。
日本の映画館では失笑がこぼれるなんてことはありませんでした。終わる頃には多くの人が泣いていたのが今でも記憶に残っています。
ichi-ka | 2007/02/17 4:30 AM
>カビ爺さん
今の小さい子供たちは次第に直に戦争を経験した方々からの生の声を聞けなくなってきていますので、尚の事、伝えて行かなくてはいけないですね。
防衛省が防衛庁になった事の意味や、今も同じ地球の上で起こっている戦争について、意識を保てるようにありたいものです。

是非またコメント寄せて下さい。
£εσ | 2007/02/16 1:51 PM
hnカピ爺です。 昨日、仔カピと共に「硫黄島からの手紙」を見てまいりました。 バロン西中佐の愛馬ウラヌス号は、中佐の死後まもなく、東京大空襲で焼死したと、祖母の兄(元近衛師団陸軍獣医中佐)から幼少時よりきいておりましたので、涙が止まりませんでした。愛するご主人の故へ、すぐにあとを追ったのですね・・。精神的ダメージが、わたくしには大きい映画でした。祖国のためとはいえ、国民の大多数が深い傷を受けたこのような惨劇が二度とは起こらぬような、恒久平和国であり続けねばならぬとの再確認を心に深く刻み込むと共に、武人の在り様や、残された者の後々までの精神的外傷について、否応無く考えざるを得ない日々です。これからも覘かせて下さい。        謹啓
松林太朗 | 2007/02/16 1:25 PM
>yumeさん
はじめまして。映画は是非観ておくべきだと思いますよ。特にyumeさんの様に戦争と自身との関係が深い方ほど尚更だと思います。

是非またいらして下さい。
£εσ | 2007/02/16 8:57 AM
はじめまして。

「硫黄島からの手紙」を観たいなと思っていて検索していてたどりついたんですけど、非常に興味深いお話で、他の話も読みましたが、とても大切な話を聞けたと思います。

私はおじいちゃんが戦争で亡くなっているのですが、最前線で亡くなったと聞いているので、戦争についてはいつもすごく関心がありました。

また来させていただきます。
yume | 2007/02/15 5:16 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://leoism.jugem.jp/trackback/598
この記事に対するトラックバック
昨日は聖・ヴァレンタインズデーだった。アメリカでは、ヴァレンタインは女性が男性にチョコをあげる日ではない。多くの人が愛する人に愛を伝える日。“伝える”という行為は人間生活において非常に重要なコトの一つだけど、時としてうまくいかないもの。愛を伝えるとい
A Heartful Day | Leo!sm-CoCology- | 2007/02/17 3:41 AM
今回の記事は『硫黄島からの手紙』(2006年、監督:C・イーストウッド)です。 硫黄島2部作〜日本から見た硫黄島〜編です。 これはもはやイーストウッド監督が作ってくれた邦画です! セリフは全編日本語、主要キャストはフル日本人、そして日本人(である僕)が観て
β礫μ | ブログ de ビュー | 2007/02/17 4:32 AM
だいぶ遅くなり、話の鮮度としては落ちているのですが、一応。
映画「硫黄島からの手紙」 | 今日感 | 2007/02/17 9:22 AM
DEPOTのおすすめ度:★★★★★ 公開日:2006年12月9日 配給:ワーナー・ブラザース 監督:クリント・イーストウッド 出演:渡辺謙,二宮和也,伊原剛志 鑑賞日:2006年12月11日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 戦況が悪化の一途をたど
硫黄島からの手紙 | CINEMA DEPOT's BLOG | 2007/02/17 9:39 PM
サンフランシスコの、エンバカデロセンターシネマという小さなアートシアターで、「硫黄島からの手紙」を再鑑賞。 一本の映画を二度観るのは、今年初めてである。 最初の記事はこちら。 劇場はほぼ満席。映画の性
硫黄島からの手紙 / アメリカの目線 | ノラネコの呑んで観るシネマ | 2007/02/21 10:52 PM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/03/30 12:43 AM
RECENT TRACKBACK